三都物語

コミュニティーの間を結ぶ橋、崇高な念を抱かせる高く聳え立つ尖塔から

都市を守った中世の城に至るまで、ヨーロッパは独特の歴史によって形成されてきました。

そして次に首都を形成されました。

 

ゴシック様式の教会の尖塔からソ連時代のオフィスビルに至るまで、プラハは1つの都市の中に、ヨーロッパ800年の建築様式が詰まっています。

プラハは、まるで建築の教科書です。 ここにはあらゆる様式の建築物があります。 14世紀のヨーロッパのゴシック様式の曲がりくねった路地、16世紀のルネッサンス様式の淡色のアーチ、20世紀のアールヌーボーの豪奢な建築物を数分もあれば歩いて悠々と見て回れます。ヴルタヴァ川はこの街の輪郭を形成していますが、プラハにロマンチックな賑わいをもたらしているのは多様な建築様式です。

: プラハは、1つの都市に800年のヨーロッパの建築様式の建築物を擁しています。

高く聳える尖塔、大変ロマンチックな塔、曲がりくねった石畳、袋小路、静かな中庭などが組み合わさった賑やかな様子が旧市街スタレー・ムニェストに活気を与えています。

街の中心には絵から抜け出てきたような古い広場があり、ゴシック様式のティーンの前の聖母教会の塔や世界最古の現在も時を刻む天文時計が広場を見下ろしています。15世紀、教会を訪れた人はここに立ち、時計仕掛けで回転する聖人に畏敬の念を抱いたに違いありません。今日、ここを訪れる人は近くの色鮮やかなカフェでよく冷えたビールを片手に、携帯電話で写真を撮っています。

 

海によって形成され、探検によって繁栄し、地震によって荒廃したリスボンの物語は、その建築に勝るとも劣らず劇的です

サン・ジョルジェ城の緑豊かな要塞から眺めるリスボンの眺めは息もつけないほどです。テージョ川の涼しげな青色が、果てしなく続く市内の屋根の暖かなテラコッタの赤やオレンジ色を縁取ります。意外にも景観に合わせるように有機的に成長した都市部の印象的な劇場やホールが目に映ります。そして、川や建物から反射する明るく鋭い光は格別です。

川と海とリスボンの関係は、常にこの街の建築にインスピレーションを与えてきました。

リスボンの歴史は、その建築物に勝るとも劣らず激動に満ちています。

市内の海岸線からわずか9キロ以内に、西は500年の歴史を誇る16世紀のベレンの塔、東はパルケ・ダス・ナソンイスで1998年に開催されたリスボン国際博覧会の20世紀の建築物と様々な建築物を見ることができます。

リスボンには、ローマのようなモニュメント、ロンドンのような公園、パリのような大通りはありません。 けれども市内中心部の幾何学的で整然としたバイショ地区から混沌とした中世の街の設計を見て歩くと、リスボン独特の隠れた中庭や宮殿を見ることができます。

 

ビリニュスは大きな歴史を持つ小さな都市です。 そして、その歴史はこの由緒ある町を最も雄弁に語っています。

ビリニュスは小さな町ながら、大きな建築的影響を与えました。ビリニュスは13世紀から18世紀までリトアニア 大公国の政治・文化の中心地として世界に知られていました。東欧で東洋と西洋の文化が出会うゴシック、ルネッサンス、バロック様式の最も重要な都市でした。

ビリニュスは、バルト海のバロック様式の美しい街です。

ビリニュスを散歩するには数時間あれば十分ですが、すべての壁に刻まれた歴史を読み取るには多くの時間が必要です。ベルナルディン教会を例にとってみましょう。 20世紀後半の間、教会の神聖な内部はソ連の倉庫に変貌しましたが、すべての歴史が積み重なった重みが衰えることはありませんでした。

現在復元された教会の屋根裏から覗くと、ヴィリニュス旧市街のスカイラインを驚くほど際立たせる多様な塔、尖塔、円屋根が、曲がりくねった窮屈な慌ただしい通りに影を落とし、息をのむような景観が眼前に広がります。それはまさに魔法です。  ユネスコ世界遺産として登録されているのも不思議ではありません。

記事

建築へのいざない

ヨーロッパの都市には多種多様な建築が林立しています。様式の異なる建物が隣接していることも多く、それがまた都市全体を魅力的なものにしています。例えば、数百年の歴史を持ち圧倒的な存在感を放つ役所の隣にスマートでモダンな美術館や図書館が建っていたりと、誰でもカメラを向けたくなる街並みがヨーロッパの魅力です。サンマリノの古城やリトアニアの大聖堂など、ヨーロッパの有名な建築家が設計した建築物は、旅行者にさまざまなインスピレーションを与えるでしょう。

記事

ビーチで満喫する波、太陽、砂浜

よく知らない土地で、完璧なビーチを見つけることは簡単ではありません。しかしヨーロッパでは、「ブルーフラッグ」マークのおかげで、そこが理想的なビーチなのか一目で判断できます。ブルーフラッグとはビーチを対象とした国際的環境認証で、ブルーフラッグの認証を受けたビーチは、水質や安全性、環境的配慮などの厳しい条件をクリアしているため、日光浴にも水泳にも最適です。旅行者にとって嬉しいことに、ブルーフラッグの基準をクリアした世界4,000カ所以上のビーチはその大半がヨーロッパにあるのです。

記事

ケルティック・ノットに象徴されるケルト文化の神秘

神秘的なケルト人の歴史には抗えない魅力があるのか、古代遺跡を訪れたり、遺物に隠された意味を探ろうとする人も少なくありません。アイルランドやスコットランドに残る修道士の植民地跡や羨道墳(せんどうふん)からは、聖なる伝説の一端を窺い知ることができるでしょう。それ以外にもヨーロッパ各地に、ケルト人の足跡が残っており、これらを訪ねる旅もまた魅力に満ちています。