Subcribe

偉大な近代劇のホーム、ヨーロッパ

世界中の多くの人々と同じように、筆者は学生時代ヨーロッパ古代劇の伝統を学びました。ギリシャで生まれた悲劇や喜劇、そしてその公演に使用される美しい屋外劇場は、長年に渡って幼い私の想像力を刺激したものです大人になって念願のヨーロッパに訪れた際には、古代劇場へ足を運び車座になった座席を目にして感激しました。『ペルシア人』や『縛られたプロメテウス』を観て、まるで古代にタイムスリップしたような感覚になったものですヨーロッパの古典主義演ももちろん楽しみましたが、この大陸のいたるところですばらしい近代劇に出会ったことが私にとって一番の衝撃でした「劇場は死んだ」という声もありますが、私は強く否定します。実際にヨーロッパの都市を訪れ、古代芸術は健在一見の価値があると再確認しました今日は世界演劇の日ということで、ヨーロッパの近代劇に関する筆者自身の体験をシェアしたいと思います。 

 まずはパペット。人形劇は所詮子ども向けだと思う方も多いでしょう。私も小学生の頃を思い返すとかつてはそう考えていましたしかしフランス自治体シャルルヴィル=メジエールでは世界人形劇祭という特別なイベントが毎年開催されています。そんな祭典は初めて聞いたというあなたも圧倒されること間違いありません複雑かつ芸術的手作りパペットや、ステージデザイン、パペットたちによる詞的かつ驚きに溢れ感傷的なパフォーマンスなど今まで出会ったことのないアートの形ふれられることしょう。 

この世界人形劇祭に通常5大陸から250の団体が参加し、200公演を実施観客動員数はおよそ15万人にも及びます。人形使い伝統的なグローブと糸を使ったからくり人形から現代的な棒で操る人形劇影絵芝居に至るまで、様々なテクニックを駆使してパフォーマンスます。私にとってこのような人形を使ったパフォーマンスは演劇の新たな一面に目を向けるきっかけとなりましたあなたも世界人形劇祭に一度参加すれば、きっと同じように驚くことでしょう。 

Puppet Theater
パペットシアター

この夏、オーストリアで開催されるブレゲンツ音楽祭ジュゼッペ・ヴェルディが作曲した『リゴレット』オペラ公演世界最大の水上ステージで実施されることをご存じでしょうか。『リゴレット』1851年に書かれたでそれ自体は現代的ではありませんが、水に浮かぶステージの上で演じるとはに現代的です。美しいコンスタンス湖の上に浮かぶステージで、スタンド席のたくさんのオーディエンスに向けて役者がパフォーマンスを行います。 

数年前私がこの祭典を訪れた古くから伝わる古典オペラのひとつ、モーツァルトの『魔笛』が目玉公演でした作品は驚くほど近代的で、特にステージの両端にそびえ立つ2頭の巨大なレッドドラゴンが強く印象に残っていますプロモーション用の写真るだけでも『魔笛』は期待を裏切りません。丸いステージとその上に浮かぶ巨大なピエロの頭この作品は私がかつて見たものと同じくらい印象的なものになるでしょう。この圧倒的なステージの写真をもっと見たい方はぜひネットで検索してみてください。(今年の夏、もしもまだヨーロッパへ渡航できる状況でなかったとしても、来年の作品もきっと同様にすばらしいものになるでしょう。) 

Bregenzer Festspiele, the world's largest floating stage, in Austria
オーストリアのブレゲンツ音楽祭、世界最大の水上ステージ

ヨーロッパで私が注目した劇3つ目ルーマニアの中心都市シビウで見たものです。シビウ国際演劇祭およそ30年間に渡り世界トップのパフォーマーをルーマニアに迎え、10日間に及ぶアートの祭典を開催してきました私が参加した年のテーマは「愛」。絵のように美しいこの街に数万人が足を運び、あらゆる国籍・年齢・特性の役者がコスチュームを身にまとい舞台立ちましたこれは私が観てきた中で最も深みがあり、表現的かつ寛容的なパフォーマンスであったといえますしかもそのパフォーマンスは劇場の建物の中に閉じ込められることはなく、街角に飛び出していましたドラマチックなスキットからミュージカルに至るまで、この祭典シビウの街を近代文化・芸術・表現のるつぼへと変身させました。ルーマニア滞在で最も印象的だったのは、石畳の道でルーマニアの伝統的なパイalivenciを食べながらバンドが祭典のパフォーマンスとコラボレーションするのを眺めていたときです2021年のシビウ国際演劇祭のテーマは「共に希望を生み出そう」。この時期にぴったりのテーマですね 

Entrance to the Sibiu International Theatre Festival in Romania, 2018
ルーマニアのシビウ国際演劇祭、エントランス(2018年)

ヨーロッパ旅行で近代劇を巡った思い出を振り返ると、ある一つの思いが心を埋め尽くします。未来の文化を担う芸術界最前線の人々にとってヨーロッパ大陸はホームといえる場所だということ。このような人たちがアート作品をファンと共有する場所は、ヨーロッパの都市なのですもう一つお伝えしたいのは、シャルルヴィル=メジエールブレゲンツシビウなど、街の外れで予期せぬ演劇や芸術の宝を発掘することが多いということ。もしまた旅行ができるようになったら、ぜひこれらの都市を訪れ、あなたが求めているアートの世界に浸ってください。アート好きで「#CreativelyCurious」な私には人生が変わるような大切な思い出となりました

 

アリソン・スペンサー (Alison Spencer) , Creatively curious 
イリノイ州シカゴ シアターオペレーションマネージャー 

 

旅行前に検討すべきこと

旅行中にチェックすべきポイント

記事

ゆるやかに流れる川沿いを散策

ヨーロッパには、セーヌ川(フランス)、ライン川(西欧6カ国)、ドナウ川(東欧10カ国)、ドウロ川(スペイン)、テムズ川(イギリス)など、世界的に有名な河川が数多くあります。こうした川とその河岸にある素敵な港町を目当てに、世界中から多くの人々が集まります。レンタカーや公共交通機関を利用しなくとも、景観の楽しめるリバー・クルーズで簡単にヨーロッパを周遊することができます。

記事

オペラ座の夜

オペラの発祥地で本場の舞台を鑑賞できる機会は大変貴重です。ヨーロッパには、スカラ座(ミラノ)やコベント・ガーデン(ロンドン)など、世界屈指のオペラハウスが数多くあります。ヨーロッパ旅行の際には、ぜひオペラハウスでアクションやドラマ、ロマンスなど素晴らしい舞台の数々をお楽しみください。舞台の上演時間は約2~3時間程度です。

記事

建築へのいざない

ヨーロッパの都市には多種多様な建築が林立しています。様式の異なる建物が隣接していることも多く、それがまた都市全体を魅力的なものにしています。例えば、数百年の歴史を持ち圧倒的な存在感を放つ役所の隣にスマートでモダンな美術館や図書館が建っていたりと、誰でもカメラを向けたくなる街並みがヨーロッパの魅力です。サンマリノの古城やリトアニアの大聖堂など、ヨーロッパの有名な建築家が設計した建築物は、旅行者にさまざまなインスピレーションを与えるでしょう。