Subcribe

終わりのなきグルメの旅

グルメにお勧めの文化体験をご紹介します。食が主役のお祭りや、美食街道など、ヨーロッパは美味しいものに関しては話題が尽きることがありません。スペイン、ブニョール市のトマトを投げ合う「トマト祭り」という一風変わったものから、アイルランドのゴールウェイで牡蠣を堪能するイベントまで、千差万別のフード・フェスティバルがあります。

 During the Oktoberfest in Germany, it is crowded with tourists celebrate with food and drink

ヨーロッパをご旅行の際は、食関連の祭典やイベントに参加することをお勧めします。地元の食を知ることがその土地の文化を知ることに繋がるだけでなく、イベントで体験できる演劇や音楽の公演、地元の工芸品などに触れられる楽しみもあります。また、ワインや地元グルメを食べ歩くなかで、地元産食材やワインなどのお酒について学びつつ、観光自体も満喫できます。

 During the Oktoberfest in Germany, it is crowded with tourists celebrate with food and drink

ミュンヘン(ドイツ)で開かれるオクトーバーフェストやナポリ(イタリア)のピザフェストなど、数百万人ものグルメ愛好家が集う大規模フード・フェスティバルに参加するのもお勧めですが、少し冒険したい方には、小規模であまり知られていないフード・フェスティバルやワイン・フェスティバルに参加し新たな発見をするのも楽しいでしょう。栗が好きな方には、4ヶ所(4カ国)で開催される栗の収穫を祝うお祭をお勧めします。他にも、エヴァシャム渓谷で開催されるイギリス・アスパラガス・フェスティバルや、イタリアのペルージャであるユーロ・チョコレート・フェスティバルなど、ニッチなフェスティバルが多数ありグルメな観光客の間で人気が高まっています。

ヨーロッパでは、数百ものフード・フェスティバルが開催されています。そのほとんどが祝日を含む長い週末に行われますが、まれに数週間にわたって続くものや1日限定のフェスティバルもあります。チーズが好きな方には、スイスのジュネーブ湖の北東、中世を思わせるグリュイエール村で開催されるグリュイエール・チーズ・フェスティバルがお勧めです。また、夏にベルギーのルーヴェンで開催される1日限りの食の祭典「ハピエ・タピエ」に参加してみるのはいかがでしょうか。陽気な雰囲気に包まれた町の中心を歩きながら、他の食通と一緒に乾杯や食事をし、レシピを交換したりもできます。

ヨーロッパでは、どんな好みの人でも、きっとお気に入りのフード・フェスティバルを見つけることができるでしょう。

記事

建築へのいざない

ヨーロッパの都市には多種多様な建築が林立しています。様式の異なる建物が隣接していることも多く、それがまた都市全体を魅力的なものにしています。例えば、数百年の歴史を持ち圧倒的な存在感を放つ役所の隣にスマートでモダンな美術館や図書館が建っていたりと、誰でもカメラを向けたくなる街並みがヨーロッパの魅力です。サンマリノの古城やリトアニアの大聖堂など、ヨーロッパの有名な建築家が設計した建築物は、旅行者にさまざまなインスピレーションを与えるでしょう。

記事

ビーチで満喫する波、太陽、砂浜

よく知らない土地で、完璧なビーチを見つけることは簡単ではありません。しかしヨーロッパでは、「ブルーフラッグ」マークのおかげで、そこが理想的なビーチなのか一目で判断できます。ブルーフラッグとはビーチを対象とした国際的環境認証で、ブルーフラッグの認証を受けたビーチは、水質や安全性、環境的配慮などの厳しい条件をクリアしているため、日光浴にも水泳にも最適です。旅行者にとって嬉しいことに、ブルーフラッグの基準をクリアした世界4,000カ所以上のビーチはその大半がヨーロッパにあるのです。

記事

ケルティック・ノットに象徴されるケルト文化の神秘

神秘的なケルト人の歴史には抗えない魅力があるのか、古代遺跡を訪れたり、遺物に隠された意味を探ろうとする人も少なくありません。アイルランドやスコットランドに残る修道士の植民地跡や羨道墳(せんどうふん)からは、聖なる伝説の一端を窺い知ることができるでしょう。それ以外にもヨーロッパ各地に、ケルト人の足跡が残っており、これらを訪ねる旅もまた魅力に満ちています。