Subcribe

一般的なインフォメーション

ベルギー、ドイツ、フランスに囲まれた小国ルクセンブルクは、欧州コミュニティーの中心的存在として発展を遂げてきました。主な見所としては、エテルブリュックやディーキルヒ、アルデンヌ地方などに点在する古城や城塞があります。この国は「小さなスイス」の異名を持ち、豊かな自然の中で趣深い歴史を感じられます。僧侶や騎士文化が栄えた最古の町エヒタナハと、手付かずの自然はハイキングに最適です。グレーヴェンマハやヴォルメルダンジュ、レミヒ、 レメルシェンでは、ワインセラーやワイン博物館巡り、モーゼル川のクルーズが楽しめます。神秘的な岩山で知られるマラータルや「赤岩の地」と呼ばれるテールルージュの産業や建築の遺跡群など、ルクセンブルクは長い歴史を感じさせるものに溢れています。

気になる観光ポイント