価値ある伝統を祝う

伝統行事への参加は、異文化を学ぶのに最適な方法の一です。音楽やアート、食、様々なアクティビティやイベントなどを通じて、その土地の風習を知ることができます。人々が見せる豊かな歴史と多種多様な伝統文化にぜひとも触れてみてください。

祭典の多くは大都市で開催されていますが、小さな田舎町でも豊かな伝統や温かいおもてなしを味わえる伝統行事に参加することができます。また、音楽祭やベネチア・ビエンナーレのようなアートフェスティバルでは、出展者が世界中から集い一度に複数の文化を体験することができます。

A variety of art at the Venice Biennale, music, video and experience

規模の大きな祭典には2年から4年に一度の周期でしか開催しないものもあり、リトアニアの歌と踊りの祭典はその中の一つです。リトアニアの伝統を象徴するこのお祭りには、1万人もの歌手やダンサー、パフォーマー、民俗芸術家たちが5日間にわたって参加し、最後は夜遅くなるまで皆で歌い騒ぎ続ける盛大なイベントで大団円を迎えます

大勢の人が集まる行事を避け、オフシーズンに開催される小さなイベントに参加することで違った趣向も味わえます。例えば、12月にトルコのコンヤで開催されるメヴラーナの旋回舞踊フェスティバルはお勧めの一つです。常設のメヴラーナ博物館を訪れると、見事な庭園や華麗な建築を同時に体験することもできます。

古くから開催されている祭典の一つとして、1340年にルクセンブルク伯爵が始めたシューバーファウアー(Shuerberfouer)があります。この祭典はグラシス広場で開催され、ジェットコースターや観覧車、映画やゲームなどを楽しむことができ、お菓子やルクセンブルクの伝統料理を食べることもできます。さらに、サンマリノで行われるクリスマス・フル・オブ・ワンダーなどのクリスマス・イベントに参加すれば、ヨーロッパのお祭りで一年を締めくくることができるでしょう。

文化や伝統を体感できる祭典はヨーロッパ各地で数多く開催されています。地元の人々とともに楽しみながらその多様性を祝い、ヨーロッパ諸国の伝統を感じ取ってみてください。

 

記事

建築へのいざない

ヨーロッパの都市には多種多様な建築が林立しています。様式の異なる建物が隣接していることも多く、それがまた都市全体を魅力的なものにしています。例えば、数百年の歴史を持ち圧倒的な存在感を放つ役所の隣にスマートでモダンな美術館や図書館が建っていたりと、誰でもカメラを向けたくなる街並みがヨーロッパの魅力です。サンマリノの古城やリトアニアの大聖堂など、ヨーロッパの有名な建築家が設計した建築物は、旅行者にさまざまなインスピレーションを与えるでしょう。

記事

ビーチで満喫する波、太陽、砂浜

よく知らない土地で、完璧なビーチを見つけることは簡単ではありません。しかしヨーロッパでは、「ブルーフラッグ」マークのおかげで、そこが理想的なビーチなのか一目で判断できます。ブルーフラッグとはビーチを対象とした国際的環境認証で、ブルーフラッグの認証を受けたビーチは、水質や安全性、環境的配慮などの厳しい条件をクリアしているため、日光浴にも水泳にも最適です。旅行者にとって嬉しいことに、ブルーフラッグの基準をクリアした世界4,000カ所以上のビーチはその大半がヨーロッパにあるのです。

記事

ケルティック・ノットに象徴されるケルト文化の神秘

神秘的なケルト人の歴史には抗えない魅力があるのか、古代遺跡を訪れたり、遺物に隠された意味を探ろうとする人も少なくありません。アイルランドやスコットランドに残る修道士の植民地跡や羨道墳(せんどうふん)からは、聖なる伝説の一端を窺い知ることができるでしょう。それ以外にもヨーロッパ各地に、ケルト人の足跡が残っており、これらを訪ねる旅もまた魅力に満ちています。