Subcribe

クリエーターのためのヨーロッパのホットスポット

ヨーロッパは常に買い物客を魅了していますが、有名ブランドや世界で最も有名な都市の有名な通り以外に、ヨーロッパの新世代のクリエーターにインスピレーションを与えている知られざる地区があります。

ミラノの活気あるブレラ地区は、イタリアの都会の有名ブランドが立ち並ぶスーパーストリートに完璧な代替手段を提供しています。

9月のミラノファッションウィークの最終日には、パパラッチがブレラの混雑した通りをおぼつかない足取りで後ずさりしながら、他のファッションショーから出てきたほっそりした足の長いモデルに向かってカメラを回します。一年のこの時期にはモデルとスタイリスト、バイヤーと見物客の区別がつきません。 ファッションへの情熱を持っている人なら誰しも、ファッションウィークのためにミラノを巡礼します。

本物のファッションは、ミラノの路上で

ブレラの磨かれた石畳通りは、イギリスはロンドンのノッティングヒル、ベルギーはブリュッセルの素敵なサブロン広場、ドイツはベルリンのイギリスのクアフュルステンダム通りの並木道などのにぎやかなブティック通りをヨーロッパの高級ハイヒールでカツカツと音を鳴らして歩く女性たちを魅了しています。ストリートファッションこそ本物のファッションです。 これは明らかな有名ブランド名とヴィンテージの組み合わせです。

パリのベルヴィル地区は、フランスの首都で最新の芸術運動に参加する人やヒップスターの天国です。

この地区を散策すれば、べルヴィルの隠れた通りや変わりゆくストリートアート、個性の強い建築が発見できます。 言い換えれば、目標に向かって前進するのに最適な創造の場所です。

ここには、コペンハーゲンのボヘミア地区クリスチャンハウンを彷彿とさせる完全な独立性と、アーティストたちが集まるビリニュスのウジュピスの「都市国家」の中にしっくりと溶け込む個人主義があります。コンテンポラリーなヨーロッパのクリテーティブな地区の縮図ベルヴィルは次第に高級化されていますが、依然として魅力的な重要なスポットです。

パリ中心部のヨーロッパの現代的なクリエイティブ地区、ベルヴィル

ベルヴィルは、1990年、100名のアーティストで始まりましたが、現在は300人以上の芸術家がいます。 ベルヴィルのアーティストのアトリエが開催する毎年の屋外イベントでは、一般の人々がスタジオを見学できます。現在では毎年1万5000人の観光客が訪れ、世界中の同様のイベントにインスピレーションを与えています。

ヘルシンキのデザイン地区はフィンランドらしい現代的デザインや古典的デザインを提供する一方、近くのカリオでは流行の先端を行く未来のスタイルを提案しています。

ヘルシンキは、冷たいという第一印象を与えるかもしれませんが、すぐに心の広い人々と大胆な新しいアイデアに溢れた街だということが分かるでしょう。 これらのクリエーターは近隣の25の通りの中心に集中していて、才気あふれるデザイナーのホットスポットとなっています。 これは、

2005年には50名のメンバーで開始しましたが、現在、200以上の店舗、ワークショップ、ギャラリーが軒を連ねています。

では、フィンランドのスタイルの魅力は何でしょうか。フィンランド はスラブとスカンジナビア文化の交差点にあります。これは、明るさと暗さ、純粋な形と伝統的な手作りのディテールの興味深い融合につながっています。それは、メランコリーと純粋な形状の融合です。

美しい島々と大きな緑豊かな公園の活気に満ちた街

もう一つ、カリオにも共同で創造している地区があります。ここでは、ジュエリーデザイナー、印刷業者、靴デザイナー、自転車メーカー、グラフィックの専門家、写真家や映像監督などのワークショップが開かれています。ここでは、高いレベルの製作者とのやり取りを楽しむことができます。 作品を見て製作者と共に時を過ごすことにより、街の創造性が新たな次元に引き上げられます。

旅行前に検討すべきこと

旅行中にチェックすべきポイント

記事

有名観光地と新たな体験

「ヨーロッパ旅行」と聞くと、有名な観光名所が次々に思い浮かぶことでしょう。エッフェル塔やコロッセオ、ピサの斜塔などは、ヨーロッパのみならず世界的な観光名所として、長きに渡り世界中の旅行者を魅了しています。古くからある観光名所は、新しい施設や設備などが加わって、以前よりさらに興味深いスポットになっているのです。

記事

子どもの目線で見たヨーロッパ

子どもと一緒に快適な海外旅行を実現するのはそう簡単ではありません。とりわけ難しいのは、家族全員の好みや興味を考えながら旅行の計画を立てることでしょう。美術館や博物館を訪ねたり、ワイン・テイスティングをしたりしたくても、子どもがそのようなアクティビティに興味を持ってくれるとは限りません。だからと言って、せっかくの旅行を子ども中心の計画だけにする必要もありません。一日に一つは子ども中心のアクティビティを予定するのが、楽しい家族旅行の秘訣です。

記事

ヨーロッパのハイキング・登山

ヨーロッパ旅行と言えば、まずエッフェル塔やストーンヘンジなどの観光名所巡りが思い浮かぶかもしれませんが、ヨーロッパの楽しみ方はそれだけではありません。今まで登ったことのない大きな山に挑戦する楽しみ方もあります。ハイキングのできる山や湖、丘は、そう遠くありません。登山靴の靴紐をしめ直し、寝袋を丸めて、ヨーロッパのアウトドア旅行を楽しむ準備を始めましょう。