ヨーロッパは深い歴史と文化のある場所です。イギリスのストーンヘンジからスイスのアルプス山脈まで、ヨーロッパの観光名所は旅行者たちを魅了してやみません。そんなヨーロッパの素晴らしい観光名所を巡る2週間の旅を企画してみてはいかがでしょうか。

日付 1-4
距離: 700キロ / 430マイル

ダブリンからロンドン

  • ヨーロッパ旅行の出発地ダブリン(アイルランド)に到着。
  • ダブリンではギネスビール貯蔵所を見て周り、ビールの試飲も楽しみましょう。
  • ワイルド・アトランティック・ウェイを車でドライブ、またはハイキングでもいいでしょう。ここはアイルランドの海岸線を見渡せる絶景ポイントとして有名です。
  • セント・ジョージ海峡を渡り、ウェールズを抜けてストーンヘンジに到着します。
  • ロンドンへ出発する前に、ここで美しい午後を過ごしましょう。素晴らしい景色を写真におさめるのもいいでしょう。
  • ロンドンではタワーブリッジやバッキンガム宮殿などの建築物を見て周りましょう。
  • エミレーツ・スタジアムで、チェルシー対アーセナルのサッカー試合を見るのもいいでしょう。
  • イギリス人のように、地元のカフェで紅茶やクランペット(イギリスの軽食パン)を楽しむのもお勧めです。
  • ザ・シャード(超高層ビル)の最上階に上ると、素晴らしいロンドンの景色を一望できます。

日付 5-7
距離: 600キロ / 370マイル

ロンドンからケルン

  • ロンドンのベストスポットを観光したあとは、列車でベルギーのブリュージュへと向かいます。
  • ブリュージュのパブで、ビールを楽しんだり、ビール博物館で、この街のビールに関する歴史をたどってみましょう。
  • 歴史あるマルクト広場を訪れて、ブリュージュの歴史をたどりましょう。このエリアでは数多くのレストランや馬車、古いベルギー建築を見ることができます。
  • 東へ移動してブリュッセルに向かいます。ここではより深いベルギー文化を体験できます。
  • ブリュッセルの最も有名なスポットである小便小僧やサン・ミッシェル大聖堂、王宮などを観光しましょう。
  • ベルギー発祥のケーキ「メルヴェイユ」はブリュッセルでぜひ試していただきたい一品です。
  • ベルギーを満喫した後は、ドイツのケルンへ移動します。

日付 8-11
距離: 1050キロ / 650マイル

ケルンからベルリン

  • ケルンではケルン・ケーブルカーに乗って、絵画のように美しい街の景色を楽しみましょう。
  • ヨーロッパ有数の美しい建築物として有名なケルン大聖堂を訪れましょう。
  • フランクフルトに移動し、レーマー広場やムーゼウムズウーファー(博物館地区)、シュテーデル美術館を見て周りましょう。ここは旅慣れた人も満足できるドイツらしいスポットです。
  • ニュルンベルクでは、ニュルンベルク城を観光しましょう。西暦1000年にまで遡るこの建物は、ドイツの中で最も保存状態のよい城の一つです。
  • その後、チェコのプラハへ移動します。チャールズブリッジからダンシング・ハウスへと歩いていけば、歴史のある建造物と新しいビルとが見事に混在している様子を楽しめます。
  • 世界的に有名なプラハ国民劇場で、オペラやバレエを鑑賞してみるのもいいでしょう。
  • ドイツに戻り、ドレスデンの聖母教会やベルリンのブランデンブルク門といった有名なスポットを巡りましょう。
  • 再度ドイツを堪能した後は、ポーランドのポズナンを訪ねます。

日付 11-14
距離: 1000キロ / 620マイル

ベルリンからワルシャワ

  • ポズナンでは、マルタ湖でアウトドア・アクティビティを楽しめます。
  • ヴロツワフでは、百周年記念ホールを訪れましょう。ここはユネスコの世界遺産に指定されています。
  • ヴロツワフ噴水に立ち寄って、記念写真を撮ることもお忘れなく。
  • クラクフはタトラ山脈の中心地であり、ハイキングやスキー、キャンプを楽しむのに最適な場所です。ここで一日、アウトドアを楽しみましょう。
  • 最後にポーランドの首都ワルシャワを訪れます。
  • 王宮やワルシャワ博物館、無名戦士の墓などを訪れましょう。これで、ヨーロッパの名所巡りの旅は終了です。

出かける前に

1.旅行用のノートを持参しましょう。一生に一度の旅を、将来振り返ることができるように、いろいろな事を書き留めるとよいでしょう。

2.都市間の移動には列車を使いましょう。ヨーロッパの田舎を見てまわるには、列車での移動が最適です。

3.出発の前にどこへ行くかしっかり計画を立てましょう。見てみたい史跡や名所がたくさんあるので、観光の時間をしっかり確保できるよう計画しておきましょう。

4.滞在先はホテルとホステルの両方を利用するといいでしょう。ホテルが素晴らしいのはもちろんですが、ホステルでは旅費を節約できますし、意外な体験もできるでしょう。

5.さまざまなタイプの衣服を持っていきましょう。ダブリンとワルシャワでは、気候がまったく違います。

6.旅の前半の写真しかない…なんてことにならないように、カメラの充電器や予備の電池をお忘れなく。