ヨーロッパには、世界でも指折りのブドウ畑や、香りのよいブドウ、風味豊なワインが揃っています。極上のヨーロッパ・ワインを求めて、世界中から旅行者が訪れます。ここで紹介するヨーロッパの美味しいワインを、ぜひ味わってみてください。

日付 1-4
距離: 623.5キロ / 387.4マイル

ポルトからマドリード

  • 世界有数のワイン産地、ポルトガルのポルトから旅を始めましょう。
  • 本場のフランセジーニャ・サンドイッチを堪能してください。
  • 次は船に乗り、ポルトとレグア間のワイン街道をたどってみます。
  • ミーニョ渓谷にあるアルヴァリーニョ・ワインの産地を自転車で駆け抜け、ブドウ畑や大自然、中世のままに残る町(モンサオとメルガソ)を探索しましょう。
  • リベイラでは歴史地区を歩くのも良いですが、現代美術を求めるなら、セラルヴェス財団公園がお勧めです。
  • 自然環境をうまく利用したアルト・ドウロのワイン産地に立ち寄り、素晴らしい絶景を堪能してからマドリードに向かいましょう。

日付 5-8
距離: 371.9キロ / 229.1マイル

マドリッド からログローニョ

  • スペインの首都マドリードでは、屋外テラスでタパスを楽しめます。
  • マドリード旧市街にあるマヨール広場の地下街では、ワインセラーを探索してみましょう。
  • プラド美術館やティッセン=ボルネミッサ美術館、ソフィア王妃芸術センターにある傑作の数々をご覧ください。
  • ヨーロッパ最大のワイン産地であるラ・マンチャでは、バルデペーニャスのワイン街道を散策してみましょう。
  • 美食を求める旅行者にとって、ログローニョは外せません。ラ・リオハ州の中心であり州都でもあるこの町は、スペインの多くのワイナリーが創業した地でもあります。存分に堪能しましょう。
  • リオハには多くのロマネスク教会や修道院があり、またこの土地はワインの産地としても有名です。かつてはサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路でもありました。

日付 9-12
距離: 396.6キロ / 246.4マイル

ログローニョから ボルドー

  • 世界遺産にも登録されている有名なワイン産地サン=テミリオンを訪れてみましょう。自転車を使って、有名なブドウ畑や醸造所(シャトー)を見て回るのも一興です。
  • ボルドーの有名なサン・カトリーヌ通りでショッピングを楽しみ、最新のファッションに身を包んでみてはいかがでしょうか。
  • メドック・シャトーでテイスティング講習を受ければ、ワイン通になった気分を味わえます。
  • 旅の締めくくりは、自分へのご褒美にゴージャスなシャトー(城)でリラックスした滞在をお楽しみください。

出かける前に

  1. ユーレイルのシステムを調べていくのがお勧めです。
  2. 様々な気候に対応できる服装を持っていきましょう(海、山、気温の変化に対応)。
  3. ご自身の国の税関ルールを確認しておきましょう(特にワインをお土産に持って帰る場合)。
  4. スペインやフランス、ポルトガルでの飲酒は18歳以上でなければなりません。
  5. 葡萄畑を訪問する場合は、旅行前に予約をしておくのがお勧めです。
  6. お酒を飲んで車の運転をしてはいけません。
  7. 買い物の際には、VATの免税手続きを依頼してください。帰国便に乗る前に、免税の手続きが完了している必要があります。
  8. ヨーロッパでの携帯電話のローミングは非常に高くつくことがあります。SIMロックフリーの携帯電話にヨーロッパのSIMカードを入れて使いましょう。
  9. 出発前に、旅行の中止や中断に関する保険を確認しておきましょう。