私たちはクッキーを使用しています。このウェブサイトを利用することで、あなたはより興味深い提供する私たちを助けクッキーの使用を受け入れ、コンテンツを適応しました

確認

海辺の街

ヨーロッパの人々が初めて世界の海を目指したのは今から数百年も前のことです。当時の航海士たちは港を作り、多くの国や地域の繁栄に貢献しました。今日では多くの旅行者が、その魅力や歴史、産業を見にヨーロッパの港町を訪れています。

In Rotterdam, it will spread a wonderful sight to the sea, such as Erasmus Bridge.

まずはヨーロッパ最大の港であるオランダのロッテルダムから旅を始めましょう。港や工業地帯の華やいだ雰囲気を味わいたいなら、毎年行なわれるワールド・ポート・デイズの期間中が狙い目です。船を見学するツアーや海軍主催の行事、海洋関連の展示や音楽などが楽しめます。また、フューチャーランド・インフォメーションセンターを訪れ、建設中の新港「マースフラクテ2」を見学してみましょう。この歴史的な干拓プロジェクトは、2033年に完成する予定です。

If Masufurakute 2 is completed, Rotterdam port city is still powered up.

未来を感じた後は、イギリスのグリムズビーでノスタルジーに浸ってみましょう。蒸気トロール船用に建造されたドックや魚の処理施設を見学することができます。国立フィッシング・ヘリテージ・センターでは、船がそのまま博物館になっている「ロス・タイガー」を見学しましょう。ロンドン・アンド・ノース・イースタン鉄道が1934年に建設した魚市場を歩いてみれば、漁師の気分が味わえるかもしれません。

再び現代に舞い戻り、ベルギーのアントワープ港へ向かってみましょう。アントワープ市の経済と産業の大動脈スヘルデ川が悠然と市内を流れています。通り過ぎる船を波止場から眺めるだけでも楽しめますが、港の日常をより近くで見たい方には、ボートツアーをお勧めします。注目すべきは、視界いっぱいに広がる大パノラマと自然保護区リーヨ村です。

In the wharf of Grimsby in the UK, you can enjoy the charm of genuine fishing port.

次は、地中海に面したモナコにある豪華な港を散策してみましょう。波止場に着いたら、有名なモンテカルロ・カジノで遊んでみましょう。その後、打ち立てのパスタから美味しいエスプレッソまで全てが揃うフードマーケット「ラ・コンダミーヌ」でショッピングを楽しみましょう。

ツアー船のデッキから、あるいは海岸に降り立って、ヨーロッパの歴史ある産業港湾都市を探訪してください。

記事

建築へのいざない

ヨーロッパの都市には多種多様な建築が林立しています。様式の異なる建物が隣接していることも多く、それがまた都市全体を魅力的なものにしています。例えば、数百年の歴史を持ち圧倒的な存在感を放つ役所の隣にスマートでモダンな美術館や図書館が建っていたりと、誰でもカメラを向けたくなる街並みがヨーロッパの魅力です。サンマリノの古城やリトアニアの大聖堂など、ヨーロッパの有名な建築家が設計した建築物は、旅行者にさまざまなインスピレーションを与えるでしょう。

記事

ビーチで満喫する波、太陽、砂浜

よく知らない土地で、完璧なビーチを見つけることは簡単ではありません。しかしヨーロッパでは、「ブルーフラッグ」マークのおかげで、そこが理想的なビーチなのか一目で判断できます。ブルーフラッグとはビーチを対象とした国際的環境認証で、ブルーフラッグの認証を受けたビーチは、水質や安全性、環境的配慮などの厳しい条件をクリアしているため、日光浴にも水泳にも最適です。旅行者にとって嬉しいことに、ブルーフラッグの基準をクリアした世界4,000カ所以上のビーチはその大半がヨーロッパにあるのです。

記事

ケルティック・ノットに象徴されるケルト文化の神秘

神秘的なケルト人の歴史には抗えない魅力があるのか、古代遺跡を訪れたり、遺物に隠された意味を探ろうとする人も少なくありません。アイルランドやスコットランドに残る修道士の植民地跡や羨道墳(せんどうふん)からは、聖なる伝説の一端を窺い知ることができるでしょう。それ以外にもヨーロッパ各地に、ケルト人の足跡が残っており、これらを訪ねる旅もまた魅力に満ちています。