思いがけない発見との出会い

ヨーロッパには、見逃せない著名博物館や美術館が多くありますが、同時に、小規模であまり知られていない素晴らしい博物館・美術館もたくさんあります。誰もが知る有名スポットから足を遠ざけ、隠れた逸品を探す旅をするのもお勧めです。小さな博物館・美術館が、予想外の驚きとともに旅のハイライトとなるかもしれません。

The Collection of heartbreak Museum (Croatia), there ax and mannequin hand, also unusual works such as watermelon making tree.
The Collection of heartbreak Museum (Croatia), there ax and mannequin hand, also unusual works such as watermelon making tree.

旅をドイツから始める方には、まずケルンのチョコレート博物館に行くことをお勧めします。チョコレート作りの全工程が見学でき、アステカから現代に至るチョコレート3,000年の歴史を知ることができます。クロアチアのザグレブにある失恋博物館では、成就しなかった恋を基に作られた詩など、恋愛に関する寄贈品が展示されています。また、リトアニアの首都ヴィリニュスにあるリトアニア美術館では、16〜19世紀の古典的名作2,500点を堪能できます。

銀幕の魅力を堪能したい方には、イタリアのチネチッタがお勧めです。映画撮影の名所はハリウッドだけとは限りません。ここにあるスタジオでは、「ベン・ハー」や「クォ・ヴァディス」などの往年の名作から「ギャング・オブ・ニューヨーク」や「ライフ・アクアティック」などの現代の人気作品まで多くの映画が撮影されており、撮影セットや小道具を見るだけで映画好きもうなる穴場スポットになっています。

In Kulturen (Sweden), I can most unique museum experience in Europe.
In Kulturen (Sweden), I can most unique museum experience in Europe.

美術品だけでなく天然色で彩られたパノラマビューを楽しんでみるのはいかがでしょうか?オーフス(デンマーク)にあるアロス・オーフス美術館では、モダンアートとともに最上階の常設展示「レインボー・パノラマ(Your Rainbow Panorama)」をお楽しみください。円形の色ガラスを通して美しいオーフスの町並みを360度パノラマで見ることができます。また、デンマークからほど近いスウェーデンでは、クルトゥーレンで生きた歴史を感じてみてください。中世から1930年代までのスウェーデンの田舎が再現された展示品を見ることができます。

ラトビアでは、リガ・アールヌーヴォー・センターを訪れて文化的な体験をお楽しみください。1920年代から中流階級が暮らしていたアパートを完全に復元した美術館が見られます。サンマリノでは、ギャラリー・オブ・モダンアートや古代武器博物館に加え、国立博物館への訪館をお勧めします。

ヨーロッパには、娯楽や学習だけでなく、どんな興味をお持ちの方も関心に沿ったものが見つけられる多彩な博物館・美術館がそろっています。次のヨーロッパ旅行では、ユニークな美術館や博物館で新しいことを学んでみるのはいかがでしょうか。

記事

建築へのいざない

ヨーロッパの都市には多種多様な建築が林立しています。様式の異なる建物が隣接していることも多く、それがまた都市全体を魅力的なものにしています。例えば、数百年の歴史を持ち圧倒的な存在感を放つ役所の隣にスマートでモダンな美術館や図書館が建っていたりと、誰でもカメラを向けたくなる街並みがヨーロッパの魅力です。サンマリノの古城やリトアニアの大聖堂など、ヨーロッパの有名な建築家が設計した建築物は、旅行者にさまざまなインスピレーションを与えるでしょう。

記事

ビーチで満喫する波、太陽、砂浜

よく知らない土地で、完璧なビーチを見つけることは簡単ではありません。しかしヨーロッパでは、「ブルーフラッグ」マークのおかげで、そこが理想的なビーチなのか一目で判断できます。ブルーフラッグとはビーチを対象とした国際的環境認証で、ブルーフラッグの認証を受けたビーチは、水質や安全性、環境的配慮などの厳しい条件をクリアしているため、日光浴にも水泳にも最適です。旅行者にとって嬉しいことに、ブルーフラッグの基準をクリアした世界4,000カ所以上のビーチはその大半がヨーロッパにあるのです。

記事

ケルティック・ノットに象徴されるケルト文化の神秘

神秘的なケルト人の歴史には抗えない魅力があるのか、古代遺跡を訪れたり、遺物に隠された意味を探ろうとする人も少なくありません。アイルランドやスコットランドに残る修道士の植民地跡や羨道墳(せんどうふん)からは、聖なる伝説の一端を窺い知ることができるでしょう。それ以外にもヨーロッパ各地に、ケルト人の足跡が残っており、これらを訪ねる旅もまた魅力に満ちています。