ヨーロッパを読む

ヨーロッパには豊かな文学の伝統があり、図書館には世界中で愛されるヨーロッパの詩や戯曲、小説が溢れています。今でもヨーロッパ中に残る有名な物語の舞台となった場所や、お気に入りの作家が世に残る傑作を書いた場所を訪れてみませんか?

 Stratford (United Kingdom)

 

複雑で手のこんだ物語や戯曲で知られている古代ギリシャ文学の中で、当時もっとも人気を博していたのが吟遊詩人のホメーロスです。当時の彼は、有名な叙事詩「イーリアス」「オデュッセイア」を語りながら、ギリシャと現代のトルコにあたる地域を徒歩で旅して回ったとされています。彼の作品は紀元前8世紀の生活がどのようなものだったかという想像を掻き立ててくれることでしょう。

Famous masterpiece of Shakespeare air to be staged in Shakespeare's Globe Theatre in London, a must-see.

史上最も偉大な劇作家の一人といわれるウィリアム・シェイクスピアが活躍したのは、イギリスのルネサンス末期の時代でした。歴史あるロンドンのグローブ座では、当時のままにシェイクスピアの戯曲が上演されています。シェイクスピアに関連する体験をさらに深めたい場合は、ロンドン郊外にある愛らしい町ストラットフォード・アポン・エイボンで、シェイクスピアの妻だったアン・ハサウェイのコテージや彼の生家を訪れてみるのがお勧めです。

 Towering in Consuegra (Spain), windmill to appear in Cervantes masterpiece "Don Quixote".

スペインでは、ルネサンス期の小説家ミゲル・デ・セルバンテスの作品「ドン・キホーテ」で登場するルートを辿り、カスティーリャ・ラ・マンチャ州の平原を旅してみてはいかがでしょうか。ドン・キホーテが竜と間違えて戦おうとした、あの象徴的な風車を見ることができます。また、小説家アーネスト・ヘミングウェイもスペイン文化に魅せられた一人で、牛追いで有名なサン・フェルミン祭(スペイン北東部パンプローナ)は彼の作品「日はまた昇る」を通じて世界中に広く知られるようになりました。

 The statue inspired by The Little Mermaid overlooks the calm waters in Copenhagen, Denmark.

おとぎ話が好きな方は、デンマークへ行ってハンス・クリスチャン・アンデルセンの家を訪れてみるとよいでしょう。その他にもコペンハーゲンの人気記念撮影スポットである「人魚姫」の銅像や、アンデルセンが幼少の頃に住んだオーデンセの街を訪ねてみると、アンデルセンの有名な童話を思い出しながら旅行が楽しめます。

文学の歴史においてその知名度は高くないものの、モナコは世界各国から訪れる作家へ多くのインスピレーションを与え続けてきました。グレアム・グリーンの「負けた者がみな貰う」やエリック・ロバート・モースの「モナコ」、ロバート・エリンジャーの「Monaco Cool(モナコ・クール)」など、モナコのビーチをモチーフにいくつかの有名な作品が生まれています。モナコの高級リゾートでワインを飲みながらこうした本を読んでみれば、物語の一部になったような気分が味わえるかもしれません。

このように、ヨーロッパには文学的に有名な場所が多く残っています。訪れたい場所への旅のプランを立てた後は、文豪になった気分でご自身の冒険物語やミステリー、恋愛小説などを書いてみてはいかがでしょうか。

 

記事

建築へのいざない

ヨーロッパの都市には多種多様な建築が林立しています。様式の異なる建物が隣接していることも多く、それがまた都市全体を魅力的なものにしています。例えば、数百年の歴史を持ち圧倒的な存在感を放つ役所の隣にスマートでモダンな美術館や図書館が建っていたりと、誰でもカメラを向けたくなる街並みがヨーロッパの魅力です。サンマリノの古城やリトアニアの大聖堂など、ヨーロッパの有名な建築家が設計した建築物は、旅行者にさまざまなインスピレーションを与えるでしょう。

記事

ビーチで満喫する波、太陽、砂浜

よく知らない土地で、完璧なビーチを見つけることは簡単ではありません。しかしヨーロッパでは、「ブルーフラッグ」マークのおかげで、そこが理想的なビーチなのか一目で判断できます。ブルーフラッグとはビーチを対象とした国際的環境認証で、ブルーフラッグの認証を受けたビーチは、水質や安全性、環境的配慮などの厳しい条件をクリアしているため、日光浴にも水泳にも最適です。旅行者にとって嬉しいことに、ブルーフラッグの基準をクリアした世界4,000カ所以上のビーチはその大半がヨーロッパにあるのです。

記事

ケルティック・ノットに象徴されるケルト文化の神秘

神秘的なケルト人の歴史には抗えない魅力があるのか、古代遺跡を訪れたり、遺物に隠された意味を探ろうとする人も少なくありません。アイルランドやスコットランドに残る修道士の植民地跡や羨道墳(せんどうふん)からは、聖なる伝説の一端を窺い知ることができるでしょう。それ以外にもヨーロッパ各地に、ケルト人の足跡が残っており、これらを訪ねる旅もまた魅力に満ちています。