Subcribe
Eric Gagnon

#CreativelyCurious なエリックはプロの写真家。文化?、スポーツ?、ファッション?などが大好き。都市生活にも情熱を注いでいます。

ダブリン、現在と過去が融合する文学の街

ダブリンの街では、あらゆる通りや街角で、その膨大な文学の歴史を垣間見ることができます。ジェームズ・ジョイスの足跡をたどったり、サミュエル・ベケットのお気に入りの場所を探したり、オスカー・ワイルドになりきったり。ダブリンはそんな楽しみ方ができる場所です。

私は最近、ダブリンとその素晴らしい文学の歴史を探索してきました。余談ですが、ダブリンに残された伝統的なパブのひとつである「The Bankers」は、道中で飲むことができるおすすめのパブです。旅のもう一つのポイントは、ダブリンは偉大な文学の歴史を持つ街であるだけでなく、今もなお文学が栄えているということ。その一例をご紹介しましょう。アイルランドの偉大な現代文学少女の一人、サリー・ルーニーです。

本の世界を探求するだけでなく、ダブリンはもちろん地ビールやスピリッツを味わうのにも最適な場所です。私は特にいくつかの蒸留所を見学して、ドリンクがどのように作られるのか学びました。

あなたもこの活気に満ちた街を探検してみませんか? 詳しくは、Dublin Tour Guideのダブリン現地ツアーガイド、ガーバンさんへのインタビューをご覧ください。ガーバンさんは、ダブリンで現地人のように街を体験したい方のために、最高のヒントを教えてくれました。

ストーリーズでヨーロッパを体験しよう

その他の体験を探す