オペラ座の夜

オペラの発祥地で本場の舞台を鑑賞できる機会は大変貴重です。ヨーロッパには、スカラ座(ミラノ)やコベント・ガーデン(ロンドン)など、世界屈指のオペラハウスが数多くあります。ヨーロッパ旅行の際には、ぜひオペラハウスでアクションやドラマ、ロマンスなど素晴らしい舞台の数々をお楽しみください。舞台の上演時間は約2~3時間程度です。

Vienna State Opera (Austria) is one of the most famous opera house in Europe, we have continued the performance from the 19th century.

ヨーロッパでは、数百年にわたりオペラが親しまれてきました。マルタのマノエル劇場では、1732年からオペラが上演されています。劇場、音楽、ダンス、衣装やセットなどその全てが観客を日々魅了しています。ヨーロッパにおけるオペラの重要性は、主要都市に必ず有名なオペラハウスやオーケストラ、人気の歌手がいることからも分かるでしょう。

ミラノのイタリア最大にして最も名誉あるオペラハウス、スカラ座は、新古典主義のデザインと観客のシビアな批評で知られており、ヨーロッパ随一の公演を楽しむのに最適です。数あるオペラハウスの中でも最高峰に君臨し、1778年からオペラやバレエ、リサイタルを上演し続けています。予定が合わず公演を見る機会がなければ、バックステージツアーに参加することで、舞台の裏側を楽しむこともできます。また、劇場の歴史にスポットを当てた劇場内の博物館を見学するのもお勧めです。

In was born genius of the music of leading world Salzburg (Austria), let's Himotoi the history of Mozart.

モナコでは、モンテカルロ・カジノやオペラハウスをぜひ訪れてください。モンテカルロは、一世紀以上に渡ってオペラやバレエ、コンサートが盛んな場所です。舞台だけでなく、ステンドグラスや華麗な装飾、寓意的な絵画で彩られたカジノをお楽しみください。

イタリアより北に行くと、オーストリアでオペラを楽しめます。世界に名の知れたウィーン国立歌劇場で舞台を楽しむのもよし、有名な劇場建築を紹介するツアーに参加するのもよし。また、付属の博物館でさらに知識を深めることもできます。幸運にも7〜8月にオーストリアに滞在できるのであれば、世界的に有名なザルツブルク音楽祭は必見です。真のオペラファンなら、モーツァルト生誕地ザルツブルクへも足を運んでみてください。生家は博物館になっており、世界で最も訪問者の多い博物館の一つです。

全てのオペラハウスが古く、何世紀もの歴史があるわけではありません。例えばデンマークのコペンハーゲン・オペラやスウェーデンのイェーテボリ・オペラ、オスロのノルウェー国立オペラ&バレエに見られるような現代的な建築もあります。こうした劇場は、外観こそ現代的なデザインを取り入れていますが、中では時代を超え素晴らしいオペラが上演されています。

記事

建築へのいざない

ヨーロッパの都市には多種多様な建築が林立しています。様式の異なる建物が隣接していることも多く、それがまた都市全体を魅力的なものにしています。例えば、数百年の歴史を持ち圧倒的な存在感を放つ役所の隣にスマートでモダンな美術館や図書館が建っていたりと、誰でもカメラを向けたくなる街並みがヨーロッパの魅力です。サンマリノの古城やリトアニアの大聖堂など、ヨーロッパの有名な建築家が設計した建築物は、旅行者にさまざまなインスピレーションを与えるでしょう。

記事

ビーチで満喫する波、太陽、砂浜

よく知らない土地で、完璧なビーチを見つけることは簡単ではありません。しかしヨーロッパでは、「ブルーフラッグ」マークのおかげで、そこが理想的なビーチなのか一目で判断できます。ブルーフラッグとはビーチを対象とした国際的環境認証で、ブルーフラッグの認証を受けたビーチは、水質や安全性、環境的配慮などの厳しい条件をクリアしているため、日光浴にも水泳にも最適です。旅行者にとって嬉しいことに、ブルーフラッグの基準をクリアした世界4,000カ所以上のビーチはその大半がヨーロッパにあるのです。

記事

ケルティック・ノットに象徴されるケルト文化の神秘

神秘的なケルト人の歴史には抗えない魅力があるのか、古代遺跡を訪れたり、遺物に隠された意味を探ろうとする人も少なくありません。アイルランドやスコットランドに残る修道士の植民地跡や羨道墳(せんどうふん)からは、聖なる伝説の一端を窺い知ることができるでしょう。それ以外にもヨーロッパ各地に、ケルト人の足跡が残っており、これらを訪ねる旅もまた魅力に満ちています。