ヨーロッパ諸国の通貨はユーロで「€」の通貨記号が用いられます。これはユーロ加盟国全てで使用できる便利な通貨です。各国に独自の通貨があった時代は通貨の両替には時間もコストもかかっていましたが、現在はユーロを通貨と認める以下の国々で共通のユーロ硬貨と紙幣を使うことができます。

オーストリア、ベルギー、キプロス、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン

 

EUではほとんどの加盟国で付加価値税(VAT)が義務付けられていますが、海外からの旅行者は一部の商品について払い戻しが受けられます。お買い物の際には、お店がVAT還元プログラムの対象であるかご確認の上、レシートとともに必要な申請書を保管してください。EU諸国から出国する際には税関でこの書類と購入した商品を提示してください。